外壁・屋根の劣化症状

塗装の時期に現れるサイン(症状)を見逃さない!

塗り替えのタイミングは平均的には5年~10年と言われていますが、お住まいの地域などでも変わってきます。塗り替えのタイミングが遅れると補修やサイディングの交換等、別途費用が掛かってしまう場合があるので、近くで見て触ってご自身で確認し、塗り替え時期を見極めましょう。見て触って始めて気が付く、塗り替えのサインもありますので、意外と普段近くで見ることのない外壁の状態や屋根の状態を定期的に観察して外壁や屋根に現れる塗装の時期のサインを確認しましょう。

 

【外壁】塗装の時期に現れる症状

①藻・カビ の繁殖

藻・カビ の繁殖外壁が劣化すると、外壁は水を弾かず保水性を持つことになります。その保水性が、藻やカビ、また、大気や雨の汚染物質が付着しやすくさせます。緑色は、藻が繁殖している現象です。 黒色は、黒カビで、藻の死骸を栄養分として繁殖する、連鎖現象です。この症状がでていたら、メンテナンスを考える時期と言えます。

②外壁の色褪せ

外壁の色褪せ紫外線が直接あたる場所から色あせが出てきます。外壁が色あせていたり、見た目が悪くなってきたのは風雨、紫外線等により塗膜の表面(トップコート)が劣化しきているのが原因です。 外壁の色あせは、見た目も良くないですし、外壁の劣化を示すサインでもあります。この症状がでていたら、塗装・メンテナンスを考える時期と言えます。

③チョーキング

チョーキング外壁の表面を手でこすってみると、白い粉状になっているのがチョーキングと言われる白化現象です。塗装表面が自然現象で劣化し、塗装表面が次第に粉状に消耗していく現象をいい、本来の艶を失ってしまうとこうなります。表面塗膜がそろそろ寿命という典型的な症状です。この症状がでていたら、適切な塗り替え時期と言えます。

④外壁のクラック

外壁のクラックモルタル壁は年月の経過とともに、表面に大小、様々なひび割れを起こします。そこから建物の中に水が入ると、構造体を腐らせる原因になるため、適切な処置が必要です。サイディングボード壁では発生しずらい症状ですが、発生していたら早急に対処が必要。この症状がでていたら、早急に塗装をしなければいけない時期と言えます。

⑤コーキングの劣化

コーキングの劣化サイディングボード壁の張り合わせ部分に打たれたコーキングが年月を経ると硬化(硬くなる)して、亀裂ができてきます。この劣化で隙間が生じると、その部分から雨が侵入し、雨漏りの原因になります。早めの対処をおすすめします。この症状がでていたら、早急に塗装をしなければいけない時期と言えます。

⑥塗膜や下地のはがれ

塗膜や下地のはがれ外壁の表面をコーティングしている塗膜が劣化し過ぎて外壁に剥がれが発生します。この症状までくると外壁を保護する塗膜の機能が無い状態で、下地素材の欠損に進行します。 ただし、下地素材が室内から侵食されて、塗膜を浮かせている場合もありますので、正しい診断が必要です。この症状がでていたら、早急に診断が必要です。

 

 

【屋根】塗装の時期に現れる症状

⑦屋根の色褪せ

屋根の色褪せ紫外線が直接あたる場所から色あせが出てきます。屋根が色あせていたり、見た目が悪くなってきたのは風雨、紫外線等により塗膜の表面(トップコート)が劣化しきているのが原因です。この症状がでていたら、塗装・メンテナンスを考える時期と言えます。

⑧屋根のサビ

屋根のサビ屋根は錆びると見た目が悪くなるだけでなく、その物自体の強度も低下してしまいます。また、錆は塗装しないとどんどん進行していきますので早めのメンテナンスが必要です。この症状がでていたら、塗装の時期だと言えます。

⑨屋根の藻・はがれ

屋根の藻・はがれ屋根の表面をコーティングしている塗膜が劣化し過ぎて屋根に剥がれが発生します。この症状までくると屋根を保護する塗膜の機能が無い状態で、サビを進行させます。この症状がでていたら、手遅れになる前に早急な塗装が必要です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?外壁の種類によっても症状が異なります。

遅かれ早かれご自宅のメンテナンスは必要ですので、外壁や屋根の劣化具合をたまに確認し塗り替えメンテナンス時に無駄な経費をかけないようにしましょう。

あまり放置し過ぎると、塗り替えで済まず張替えが必要になる場合もあることを意識しましょう。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

塗料の種類やグレード